当ページのリンクには広告が含まれています。

2フィンガー編に続き、今回は3フィンガーベースのコツについて解説していきます。

3フィンガーとは人差し指、中指、薬指の3本を使ってベースを弾く技術のことです。

最近ではスラップに並んでベーシストが持っていなくてはならない技術となりはじめています。

もちろん2フィンガーで大抵のフレーズは弾けてしまいますが、高速ピッキングやテクニカルフレーズを駆使するベースの速弾き奏法では昔から~現在までとても注目をされています。

その中でもロックやメタル系のベーシストから3フィンガー奏法は多用されています。

1.当てる指の順番を決めよう

当てる指の順番はどこから始めても大丈夫です。

自分は①人差指、➁薬指、③中指です。(他にも①人差指、➁中指、③薬指。①薬指、➁中指、③人差指などもあります。)

なぜなら、自分は2フィンガーの場合に人差し指からのスタートが多かったのでこの順番からはじめて、今でもなおこの順番で演奏しているからです。

この順番にしておいて良かったなと今では思ってます。

利点は、2フィンガーから3フィンガーへの切り替えの際、人差し指からのスタートだとこの切り替えが容易になります。

人差し指で弾いた後、中指か薬指どちらで続くかによって2フィンガーと3フィンガーを差別化できるのです。

また、①薬指、➁中指、③人差指の順番で3フィンガーを使ってる人も非常に多くいます。

薬指からのスタートでは、順番として分かりやすく流れるようなピッキングが可能になります。

3フィンガーで弾く指の順番としては最も利にかなった順番ですのでこちらもオススメです。

普段から3フィンガーを多用するベーシストには向いているかと思います。

ただし、2フィンガーから3フィンガーへの切り替えの難易度は高いです。

また、最後に弾く指が人差し指であれば3フィンガーから2フィンガーへの切り替えは簡単です。

中指からのスタートは中々見かけないですが、探したらそんなベーシストも世の中にはいそうです。

個人的には中指スタートの場合、指のスタートと終わりが曖昧になってしまいやすいのでそこだけは気をつけましょう。

2.薬指の強化

3フィンガーを習得する上で薬指の強化はとても重要です。

普段から薬指を単体で使うことは少なく、大抵は中指や小指とのセットで使ったりすることが殆どなので指自体のが筋力は弱いです。

それを克服するためには、積極的に薬指でアクセント付けたり強めに弾くような練習をしましょう!

ただ、薬指の強化には時間が掛かります。一日少しでも良いのでトレーニングを行い持続していくことで徐々に力が付いてきます。

そうすることにより、人差し指や中指に負けず劣らず力が入るようになってきます。

薬指だけピッキングが弱いと、まるで2フィンガーで弾いてるように聞こえてしまい、結果あまり凄そうに聞こえないので注意してください。

普段からトレーニングを怠らず、3本すべての指に均等に力が入るようにしておくことで綺麗で流れるような演奏ができるのです。

3.ピッキングする順番を把握する

3本しか指を使わないとなると、4つの塊の音符である16分音符を弾くときに1本余ってしまいます。

この場合、4つの塊を弾くにはスタートした指が4つ目で終わることになります。

次のスタートでは指の順番が1つズレることになります。

なので、毎回スタートの指が違うということは常にこれを頭で把握しておかないと難しいのです。

指の始まりを把握するには4つの塊の先頭、すなわちスタートする指でアクセントを入れて弾いてみましょう。

そうすることでスタートする指と音符のスタート位置が把握しやすくなります。

これを早く正確に行うとなると非常に難しいので、最初はゆっくりのテンポから始めて徐々に早くしていくことで、いずれはアクセントを入れなくても自然とわかるようになってきます。

アクセントを入れなくてもわかるようになってしまえば、4つの塊を指が把握してきたということなのです。

4.脱力して撫でるようにピッキング

指の力だけでなく腕や肩の力をも抜きましょう。

3フィンガーは速くて難易度の高い技術です。力んでしまっていると少々難しいでしょう。

そして力が入っていると音の粒が一つ一つはっきりし過ぎてしまい、流れるような繋がった音にはならないのです。

一つ一つを滑らかな音にするためには、脱力と撫でるようにピッキングを心掛けることが大切なのです。

他にも力んで強く弾いているとすぐにバテてしまいます。

もちろん、外人みたいにムキムキの筋力があれば別ですが、最低限1曲3分くらいは安定して弾き続けられるようになりましょう。

そこまで来て初めて筋力と脱力加減が身につき3フィンガーを習得したと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3フィンガーベースは難しい技術のため、身につけるにはかなりの時間と労力を費やします。

そして3フィンガーのテクニックは未だに解明されていない未知の領域です。

3フィンガーベーシストと言えばビリーシーンや日本人ではBOHさんなどが思い浮かびます。

そういった方々みたく自在に3フィンガーを使いこなすには、フレーズをコピーしてみたり弾き方を研究することが最も近道です。

作曲:Sheehan, Billy
¥3,334 (2023/05/16 19:05時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
著:Sheehan, Billy
¥1,541 (2023/05/16 19:07時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

自分も長年3フィンガーを研究していて、練習方法やフォームは自分自身で編み出したり動画を見ながら分析してきました。

それでも、自分が知らないことがまだあるかもしれない、3フィンガースタイルとはそんな奏法なのです。

まだまだベーシストにとって3フィンガーは馴染みが少ない奏法ですが、この記事を参考に練習に取り組んでみてください。

興味のある方には更に詳しくアドバイスいたしますので、オンラインのベースレッスンへ是非お越しくださいませ。

Vox-yオンラインをシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です